二重まぶたになる方法~自力解決の道

HOME > 二重まぶたになる方法~自力解決の道

二重まぶたになる方法~自力解決の道

二重まぶたになる方法?!

二重まぶたになる方法というよりも
二重まぶたにする方法という感じが強い
この冊子をご紹介します。

※以下 本文一部抜粋です。

自力でこっそり二重まぶたを手にする方法 -Double Secret-

タイトルと本文少しですが面白いですよ!

鏡で目を見る度に、は~っ…

目が潰れてしまいそうな程重たい一重まぶたを鏡で見た瞬間、今日一日の楽しい事が全て吹き飛んでしまう、そんな気持ちになった事はありませんか?



“目が全てを決める”

想像して下さい。

今日職場に新しい人が配属されてきたとします。

あなたはまずその人のどこを見ますか?



“おかめちゃん”

小学校5年生になった頃から鏡が嫌いになりました。

いつも開いているのか閉じているのかわからない程、目を押し潰しているこの一重まぶたのせいです。


“一重の逆襲”

お化粧です。

お化粧は高校生からと母親に厳しく言われており、これまでは自分の顔をありのまま晒すしかなかったんですが、高校入学と同時に自由にお化粧して良いと言われていたんです。

“お岩さん”

クセを付けたいという一心で長期間アイプチを付けたままにしていたのですが、その成果を見てみようと剥がしてみると、メリッという音と共に痛みが走りました。

“負け犬の人生”

大学に入り、私は同じ科の友人3人と行動するようになったのですが、その内の1人が無類の合コン好きで、月に1回はどこからともなく合コン話を持ってきます。

毎回言われるがままに参加していたのですが、私には苦痛以外の何物でもありませんでした。
 

“女のプライド”

合コンは社会人になってからも続きました。

どうせ何もできないんなら行かなければいいと思われるかもしれませんが、「もしかしたら」という軌跡を信じて、結局参加してしまいます。

“一生アイプチの人生”

最初に考えたのはやはりアイプチでした。

中学生の時に一度は挫折したアイプチですが、実は時折使っていたんです。

“プチ整形という選択”

あなたも一度は真剣に考えた事があると思います。

手術です。

私は二重まぶたの手術に関する本や雑誌を買い、インターネットでもできるだけたくさんの情報を集めました。

“自分の体にメスを入れる”

切開法です。

切開法とは二重のラインに沿ってまぶたを切開し、余分な脂肪を取り除き再度縫い合わせ、二重まぶたのラインを形成する手術です。
 

“私の救世主”

ある合コンで1人の男性との出会いました。

彼は佐々木 啓吾さんと言い、現在27歳で美容関係の会社に勤めている方です。

“覚醒”

二重まぶた改造計画が始まり、彼から伝えられたまぶたのトレーニングプログラムを全てこなしていきました。

正直なところ、トレーニングは甘いものでは無くて、毎日がしんどかったです。

“女の喜び”

今まで憂鬱な気分でしか無かった合コンが楽しくなりました。

決定的に変わったと感じたのは、視線です。

男性全員とよく目が合うんです。

“何もかもが変わっていく”

彼は多少強引なところがありますが、女性をリードしてくれる理想の男性でした。

“堕ちた女”

一言で言うと、私は嫌な人間になってしまいました。

声をかけてくれる男性に対して、昔は「本当にありがとう」という気持があったのに、それが「当然」と思うようになってしまい、私よりも友達を選ぶ男性に許せない気持ちが芽生えて来ました。

 
“償い”

友達に話しました。

同じ一重まぶたに悩んでいる友達に全てを正直に告白したんです。

“あなたへ”

私は身近な人に佐々木さんのノウハウを教えて、満足のいく結果を出してもらう事ができました。

でも、もっともっと大勢の人にこの方法を伝えて、1人でも多くの方の人生を良い方へ変えるお手伝いをしたいと思うようになりました。

“61日間のプログラムとは”


すべてをご覧になりたい方は

こちら ⇒ 自力でこっそり二重まぶた

 
 

面白いですよ!
 

PAGE TOP